FC2ブログ

なりゆきシャルトル1

なんとなくブログを書くのが億劫で、放置したまま時間がすぎて、
あぁ、このままではパリのことを忘れてしまう。

そういうわけで、ネタとしてはとっくに賞味期限切れですが、いちおうメモメモ。

パリ2日目は、列車でどこかに小旅行、と決めていたので、なんとなくガイドブックを眺めてシャルトルをチョイス。
パリから列車で1時間ぐらいで、観光名所もあって、大好きなバラ窓も見れて。
片道15€ぐらいで、お手ごろお手ごろ。

そういうわけで、特に早起きするでもなく、地下鉄でモンパルナスの駅へ。
去年何度もお世話になった駅だわ~~~。
なんか、古い知り合いに会った気分!

自販機でシャルトルまでのチケット(2等)を買って、出発まで少し時間があるわね~~~。
そだ! 何か食べるものを買おう。
PAULでクロワッサンとコーヒーを仕入れて、列車に乗り込みます。

なんか私って、旅慣れてる、ってカンジ??←自画自賛


ボックス席の向かいは、少し年上ぐらいのマダム。
膝にかけていた毛皮のコートが、私の足にも少しかかります。
暖かくて、ラッキー!

通り過ぎる町の名前も、ベルばらフリークの私には心ときめきます。
線路脇の白樺林に朝日が差し込んで、かのコミックの名シーンを妄想しながら、列車はシャルトルへ。

まずはノートルダム聖堂へ。
駅から見える尖塔に向かって、ぶらぶら歩いて10分ぐらい。
l500DSC08588.jpg
あれ、よくみたら左右の塔、形が違うわ~~!

入場は無料、でもミサの最中。
そうか、今日は日曜日だったわ!
l500DSC08618.jpg
しばらく待って、ミサが終わったらいよいよ私の写真タイム!!!

このステンドグラスは13世紀のものらしいです。
l500DSC08631l.jpg
夢中で写真を撮っていたら、次のミサが始まっちゃった!
これもいい機会。
そのまま席に座ってミサに参列してしまいました。

もちろんキリスト教徒ではないので、動作は見よう見まね。
周りにあわせて立ったり、座ったり。
賛美歌も一緒に歌います。

曲も歌詞も知らないけど、サビはきっと「グローリア」「ハレルヤ」「キリエ」のどれかよね。
(中高生時代、合唱部だった)
メロディは教会旋法のどれか。


チャーチオルガンにあわせて、ハナモゲラで歌ってみると、それなりに厳粛な気分になります。
これぞ「参加型観光」
l500DSC08595.jpg

そこに回ってきたのは献金のカゴ。
相場はわからないけど、気持ちの問題よね、と1~2€投入してみました。
まさに「参加型観光」

l500DSC08636.jpg

心ゆくまで写真を撮ったところで、椅子の上に紙切れが置き去りにされているのに気がつきました。
l500DSC08791.jpg
なんだ~~、賛美歌のカンペ。
みんな歌を覚えていたわけではなかったのね。
ミサが始まる前、何かを配っていたんだけど、これだったんだわ。
(ビラ配りを連想して、無条件に拒否モードなもので。私)

ちなみに、この旋律、4度と7度がない。
いわゆる「ヨナ抜き」で、日本の演歌と同じ!


そんなことを考えつつ教会を出ようとしたら、神父さんが何かを配ってる。
となれば、私ももらわなきゃ、と手を差し出して、パンを一切れもらいました。
おぉ~~~っ、これが聖餐ね、「マルセリーノ・パンとぶどう酒」のパンだわ~~~。
思っていたよりも大きくて(テーブルロールの半分ぐらいの大きさ)、柔らかい。
しかもバターがたっぷりきいていて、おいしかった!
ぶどう酒は、ご辞退しました。ノンアルコール人間なので。
「参加型観光」ダメ押し
プロフィール

ibatomo

Author:ibatomo
♪最近、写真と旅行にはまっています。
デジカメがあると、知らない街歩きが100倍楽しい!
♪それから韓流ドラマ。ツッコミつつ、どっぷり見ます。
我ながら屈折してるわ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ