FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(27)ぶらっと海外中編・北欧の旅

エストニア・タリンのお散歩。
歩きつかれたころワタシの腹時計が、「お昼だよ~~~」とアラームをあげた。
お腹がすいて、寒くて、足が疲れてくると、とたんに元気がなくなります。
まるでバッテリー切れ状態。

とぼとぼ、ランチスポットを探します。

一人旅の難しいところは、「食べる」こと。
今回、夕食は日本から空輸したお米を炊いて食べているので、それは問題解決なんだけど。
ランチも、観光用がっつり、的なところはワタシはNG。
サンドウィッチやホットドッグも、毎日というのはきついし。


カフェやレストランは、もちろんいっぱいあるけど、どこもイマイチ。

城壁ぞいを歩いていたら、城壁にぼっこり穴があいていて、その奥に暗い石段が。
立てかけてある黒板に、cafeって書いてある。
ワタシの好奇心が、むくむく。

石段は人一人が通るのがやっとぐらいの幅の、古い螺旋階段。
しかもものすごく急です。
一段が高さが30cmぐらいで、奥行きが20cmぐらい。
よじ登る、って感じ。

いったいどんなcafeが待っているのか...

階段を上って、視界がひらけたら、これ!

eDSC03670_20131101102546c0d.jpg

おぉぉ~~~~~っ!
すごい、市街が一望できる!!
ワタシの愛読書「一度は行きたい!世界遺産」に載ってる写真は、ここだ!
偶然見つけた!!

eDSC03671.jpg

ホットコーヒーとパニーニで、ランチ。
暖かいものがお腹に入れて、人心地ついて。

お店のカワイイお姉さんに、
「他に入り口はないの?」って聞いてみたら、
「ないので、私たちもココにくるのは結構大変なんです」とのこと。
ってことは、食材もテーブルも椅子も、あの階段を持って上がったのかな?
それとも、ロープで吊り上げた???


そういう事情なので、年齢層の高いお客はまず上がって来れません。
絶景だけど、貸切。
やった~~~!

eDSC03701.jpg

城壁のてっぺんcafeだったワケです。
ブランケットを借りて、ほっこりパワーチャージ。

恐怖の階段を下りたら、入り口付近で5~6人の男子学生グループが、入ろうかどうしようか、迷っていました。
「Just like rock climbing!」
と教えてあげたら、肩をすくめて帰っちゃった。
意地悪したワケじゃないのよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ibatomo

Author:ibatomo
♪最近、写真と旅行にはまっています。
デジカメがあると、知らない街歩きが100倍楽しい!
♪それから韓流ドラマ。ツッコミつつ、どっぷり見ます。
我ながら屈折してるわ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。