FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(36)ぶっとびエルミタージュ後編・北欧の旅

エルミタージュ美術館は、豪華なだけでなく、お部屋がいっぱい。
部屋ごとに番号がついていて、部屋番号の入った見取り図は事前にもらっていました。
でも....

番号プレートは扉の上についていますが、天井が高いので、扉も高い。
番号プレートは、床から5mぐらい上なので、私の視力では見えません.....
ということは、当然ながら、「ここはどこ?? 私はだれ??」という事件が起きちゃいます。
Googleマップのエルミタージュ・館内版が必要ね。
しかも、見取り図上では隣り合っていても、そこは通れない....みたいな事情もからんできて。
ルート検索も、ほしい。

さらに、団体さんと一緒になると、かなり面倒。
見えないし、進まないし、やかましいし。
で、団体さんと別ルートにしよう、と思ったのですが。

エルミタージュの展示は時代順で国別なので、時代の流れに沿って効率よく鑑賞することができるようになっています。
でもそれは格好の団体さんルートだったりするわけで。
それをあえて、避けて歩いた結果.....

時代はバラバラ。
部屋番号も飛んでしまい、迷子になって彷徨うはめに。
そういうわけで、ダビンチもラファエロもレンブラントもすっ飛ばして、いきなり20世紀。

eDSC04087.jpg
マチスルーム。
美術音痴の私でも、知ってる絵だわ。
部屋じゅうマチスだらけの部屋が二つもある。

団体さんはここまでたどり着かないので、人が少なくてゆっくり鑑賞できます。

次の部屋は....
おぉ~~~~、これはピカソルームではないでしょうか???

eDSC04094.jpg

ピカソルームも2つ。
エルミタージュ美術館はピカソ作品を37点収蔵していて、「部屋じゅうピカソ」となると、有難みがデフレーション、暴落です。

eDSC04089.jpg

小学生も、至近距離で本物を鑑賞できます。

未だかつて、ピカソの絵の魅力を感じたことのない私ですが、今回、ついに出会ってしまいました。
マイ・ピカソ!

eDSC04097.jpg

ヴァイオリンなどの楽器のコラージュ。
f字孔や、胴のくびれ等々。
色のトーンも、好き。
難しいことはおいといて、好きなものに遭遇するって、シアワセよね~~~!

そしてまた迷子に。
あれ、もう3時。道理でお腹がすいたわけだ。
あと1時間ぐらいでここから出ないと、後がつかえてるんだったわ。

で、彷徨っていたら、ペルシアな感じの廊下に出ちゃった!

eDSC04124.jpg

あんまり時間がないけど、写真を撮らなきゃ。
で激写していたら、ファインダーの中をちょろちょろ動く影。
いきなりカメラの前に、顔がにゅ~~~~~~っ。
犯人は、この子!

eDSC04122.jpg

やんちゃ坊主を避けて写真を撮ろうとしたら、カメラの前から離れない。
2枚ほど撮ってあげたら、満足して走り去っていきました。

....ってそんなことをしている時間はないんだった。

豪華なシャンデリアも、横目でぱちり。
eDSC04131.jpg

大好きなくるりん階段も、大急ぎでぱちり。
eDSC04137.jpg

豪華なものがテンコ盛りすぎて、食傷気味。
誰もこのへんでは足を止めません。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ibatomo

Author:ibatomo
♪最近、写真と旅行にはまっています。
デジカメがあると、知らない街歩きが100倍楽しい!
♪それから韓流ドラマ。ツッコミつつ、どっぷり見ます。
我ながら屈折してるわ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。