FC2ブログ

2,040,000ドン

今回のibatomo旅行では、ハノイからホイアンまで移動します。
距離にして810km。
日本でいうと、東京~広島ぐらいの距離です。

移動手段を調べたら、バスや列車だと丸1日ぐらいかかりそうです。
飛行機だとホイアンに近いダナンまで1.5時間。
旅行日程の終盤で疲れもたまっている頃なので、ハノイ~ダナンは飛行機移動をすることにしました。

すでにベトナム航空の航空券を持っているので、もしかしたら、割引とかあるかしらん?
と、H.I.Sにさっそく電話をしました。
(H.I.Sのサイトでは、海外発の航空券は買えない)

SkyScannerで、おおよその情報を調べて
l500DSC05014.jpg
なるほど、ベトナム航空以外に、LCCもあるのね。

で、電話で根掘り葉掘り。

・私が持っている航空券では、乗り継ぎ割引はない。
→新規購入の値段になる。

・乗り継ぎ時間については、2~3時間程度みておけば、常識的には大丈夫。
→特に遅延が多い、という情報はないらしい。

「では、これで手配をお願いしたら、値段はおいくらですか?」
と核心に触れる質問をしてみたら...

l500DSC05010.jpg

え??? 55,530円?? 高っ!!
成田~フランクフルトが30,300円なのに???
(さらに、手数料だったりする訳だよね。)

という言葉をぐっと呑み込み
「では、検討して改めてお電話いたします」
と言葉は丁寧に、でも即行で電話を切りました。
これだったら、自分でベトナム航空のサイトで買うほうが、うんとリーズナブル。

で、ちゃちゃちゃっとベトナム航空サイトで、直接予約完了!
l500DSC05007.jpg

ハノイ~ダナン往復で、お値段は204万ドン。
今日のレートが、100円→20,675.90 VNDなので、10,000円弱。
やった、勝った!!

SkyScannerをみながら旅行会社に電話する行動パターンは、
価格コムをみながら量販店でTVを買ったときと、同じだわ。

新しいステージ

10年以上前、蓼科で買ったお気に入りのグラス。
白樺をくりぬいて、そこにお尻のとがったグラスを差し込むビアグラスで、写真の被写体としても、大活躍でした。

フルーツを盛ったり。

l500strawberry.jpg

お花を挿したり。

l500plum.jpg

それが去年、出張だか旅行だかで、長期の留守から帰ってきたら、割れていた!
気に入ってたのに~~~~。

で、白樺の台の部分だけ残っているのを見るたび、はぁ~~~っ...orz て気分。
でも捨てることもできず。

ところが、この「白樺ドーナツ君」に出番がやってきました。
しかも台所じゃなくて、玄関の靴箱の上。出世です!

こんな役。

l500DSC04970.jpg

宅配便受け取りのシャチハタのドック。
これでシャチハタが転がり落ちることもなくなりました。
新天地での活躍を期待してるよ。白樺ドーナツくん。

Eチケットキタ~~~~~!

ベトナム航空の20,200円チケット。
往復とも途中降機をするので、その分の費用(5,000円×2)が加算されまして、30,200円チケットになったけど、
Eチケット(控え)がメールで届きました!

lDSC04953.jpg

こういう激安チケット、ともあれホントに買えるものなのね。と妙なことに感動です。

例年実際に取ろうとすると、日程とかの関係か、決して取ることができず。
実在しない「幻のチケット」のような気がずっとしていたもので。
いやいや、実際に乗る段になって、怖~~~い罠が隠れていたりして。


それにしても、チケットがこんなに安いと、この燃油サーチャージは異様ですね。

lDSC04958.jpg

あれやこれやが加算されて、10万円を超えてしまうから恐ろしい!
とはいえ、例年の航空券代よりは5万円以上安いわけだから、そこは素直に喜びましょう。

旅行はまだ1月半も先だけど、チケットを見たらテンション急上昇。
さっそくお洒落なパスポートカバーを作っちゃった!
パスポートの姿は、去年とは雲泥の差!

ロシアでは、パスポートを常時着用していなくてはいけません。
とはいえ盗難も怖いので、ネット包帯を袋状に縫って紐をつけたものにパスポートを入れて、常時首からさげていました。


lDSC04952.jpg

表紙が勝手に開いちゃう。
口開きっぱなしのバカ貝みたい。
(現在、重石でプレス中)

航空券の問題

私が狙いを定めた航空券は、ベトナム航空のフランクフルト行き正規割引チケット。
値段は激安だけど、いわゆる「格安航空券」とは、違う種類です。

格安航空券は、団体チケットのバラ売りなので、自由度はゼロ。
正規割引はいわゆる「早割り」なので、格安に比べると、少しだけ融通がききます。
途中降機ができる、とか。


ということで
・東京→ホーチミン
  (ホーチミン泊)
・ホーチミン→フランクフルト
  (列車でドイツ周遊)
・フランクフルト→ハノイ
  (ハノイ、ホイアン泊)
・ハノイ→東京
というパターンが、理論上は可能なはずです。

さて、旅行会社のサイトで日程を絞って検索していくと、私が行きたいと思っている日程では、「残席わずか」状態。
でもwebサイトでは、途中降機の指定をする入力欄がない。
またホーチミン経由だと、行きも帰りもホーチミン経由。
ハノイ経由だと、行きも帰りもハノイ経由。
つまり、はなはだ融通がきかない。

また周遊の指定で検索すると、該当する航空券はあるけど、値段が高い!
(というか、普通の値段で出てくる。)
(どこか1区間でも満席だったら、「売り切れ」になるし。)

しかも調べている間にも、チケットは刻々と「売り切れ」に切り替わる。
とりあえず途中降機指定なしで買っておこうか、という考えもちらりと頭をよぎるけど、一度買ったあとの変更となると、それも見通しが暗い。
「このチケットでは、対応できません」となると、目も当てられないし。

メールで問い合わせることを考えましたが、この日は運悪く土曜日。
月曜日の返事を待っていたのでは、チケット売り切れちゃうかも.....

こういうときは電話でしょ!

まずは「地球の歩き方」の「アルキカタトラベル」へ。
音声応答の指示に従ったら、
「ただいま電話が大変混み合っています。しばらくお待ちいただくか、おかけ直しください。」
根性で待ってみた。
14分ぐらい待ったところで、「再度おかけ直しください」的なアナウンスに変わり、素直に電話を切り、再度おかけ直し。
これを3回繰り返したところで、さすがにギブ。

次に格安旅行といえばH.I.S
で、H.I.Sに電話をしてみたら、あっさりとオペレータが出たじゃん。
さすが、店舗がある会社は、ここらへんが違う~~。
(「アルキカタ」みたいなことをしてたら、店舗のカウンターで、お客からめちゃくちゃ叱られるでしょうね)

で、私の込み入ったニーズを伝えてみた。
・東京~フランクフルトのベトナム航空20,200円航空券で
・往路はホーチミン経由で途中降機
・復路はハノイ経由で途中降機
・途中降機料金(1回5,000円×2)は、払います

ベトナム航空のサーバーにアクセスしているらしい待ち時間が数度。
そのたびにオペレーターさんが
「旅行、お詳しいんですね」
「一人旅って、あこがれます」
等々。
心配りも、細やかだわ。

そこで判明したこと。

東京~ホーチミン便は毎日あるけど、ホーチミン~フランクフルト便は飛んでない曜日がある。


なるほど~~~~、これを知らずに検索してたんだわ私。
飛んでない日付をいくら指定しても、そりゃーダメでしょ。

というすったもんだの挙句、取れました~~~~。
ほぼ希望の日程。
しかも、「お電話で承った場合、webと比べると手数料が少し割高です」という話だったのですが、「アルキカタトラベル」のweb手配の料金よりも安いじゃん!

やるね、H.I.S(^_^)v
lDSC04935.jpg

ちなみに20,200円チケットにこだわった結果、通常の格安チケットより80,000円ぐらい安かった。
浮いた80,000円で、どこへ行こう....

2014年旅行計画スタート

2010年の中欧、2011年パリ、2012年ロンドン、2013年北欧と、年中行事化している秋のibatomo旅行。
春から夏にかけてのワーカホリック中に、ストレス解消のために旅行プランを立てる、というのが例年のパターンでした。

ところが今年、2014年。
ワーカホリックすぎて、旅行プランを立てる余裕も無く8月になってしまいました。
やっとお仕事が終わったんだけど、イマイチ気分が盛り上がらなかった私です。

そこに「地球の歩き方」がKindle化されたらしい、というニュースが入った。

ヨーロッパで色々な国を渡り歩く場合、ガイドブックの重量は馬鹿になりません。
電子書籍なら、何冊でも重くないもんね。
でも一向に電書化されないもんだから、自分でやるしかない。
裁断機やスキャナを貸してくれる、いわゆる自炊業者を調べて、電車に乗ってPDF化しに行っていた私です。


それがKindle化だって。
ついに脱・自炊!! ばんざ~い\(^o^)/

でも調べてみたら、第1弾でKindle化されたのはフランス版のみ。
ぬかよろこび。
他の国は~~~~???

と待っていたら、第2弾で一気にいろんな国がKindle化されました。
となれば、行かねばなるまい。どこかに。

で、何気に気になっていたのが、ベトナム航空のヨーロッパ便。
パリやモスクワ、フランクフルトへの航空券が20,200円。安っ!
ベトナム乗り継ぎだから時間は滅法かかるんだけど。
でも20,200円は魅力でしょ。

調べてみたら、乗り継ぎ地での途中降機は、手数料5,000円で可能とのこと。

ベトナムは一度行ったことがあって、もう一度行きたい国。
できればハノイ、行ってみたいのよね。
ホイアンのランタン祭り、写真撮りに行きたい!

l5001040158_718686638205215_5344089334713527926_o.jpg


そういうわけで、20,200円航空券でどこまでできるか、やってみたい。
かくして今年の旅は「チャレンジ!20,200」に決定です。
プロフィール

ibatomo

Author:ibatomo
♪最近、写真と旅行にはまっています。
デジカメがあると、知らない街歩きが100倍楽しい!
♪それから韓流ドラマ。ツッコミつつ、どっぷり見ます。
我ながら屈折してるわ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
このページのトップへ